ミノキシジルは毛生え薬として期待できる!

究極の毛生え薬 ミノキシジル

 

ミノキシジルは発毛効果がある成分として公的に認められています

 

 

ミノキシジルの歴史や、国内で代表的な成分、発毛効果についてまとめています!

 

 

ミノキシジルとその歴史

ミノキシジルはアメリカのアップジョン社(現ファイザー社)が開発した発毛促進成分です。

 

 

ミノキシジルは、もともと高血圧患者に使用する経口の血圧降下剤として開発された薬品でした。

 

 

ミノキシジルは毛細血管を拡張させて、血流をよくすることで体全体の血圧を下げる効果がありました。

 

 

患者に「多毛」の症例が多く見られた!

高血圧の患者さんに臨床の現場で使用されていましたが、副作用として多毛の症例が相次ぎました。

 

 

多毛に着目され、外用薬(塗り薬)として頭髪に使用する研究が進められることになりました。

 

 

毛細血管が拡張することで、頭皮の毛根に栄養分が運ばれやすくなり毛包や毛母細胞が活性化して発毛や育毛につながると考えられたからです。

 

 

実際に研究を進めていくと、男性の薄毛に対して高い発毛効果がみられることから、有効な成分であることが確かめられました。

 

 

「ロゲイン」として製品化

多毛の症状を元にさらなる研究開発が進められました。

 

 

1988年、FDA(アメリカ食品医薬)に頭髪用外用医薬生品(育毛剤)として正式に認可され「ロゲイン」が誕生しました。

 

 

夢の毛生え薬として市場を席巻することになり、今でも世界中で用いられています。

 

 

日本では「リアップ」

1999円、日本で「ミノキシジル」が外用医薬品として厚生労働省から正式認可を受けました。

 

 

ミノキシジルが配合された育毛剤第一号は「リアップ」として大正製薬から発売されました。

 

 

「リアップ」は最初はミノキシジル成分が1%、2009年からは5%配合のものも登場しています。

 

 

 

欧米の育毛剤よりミノキシジルの比率は低め

欧米ではミノキシジルの配合割合が2.5%、5%、10%、さらには15%以上の高濃度の製品も製品化されているのです。

 

 

日本では、製品の安全性を重視する立から、また一般医薬品として薬局で販売することを前提にしたため、ミノキシジル含有量は1%と5%だけが認可されています。

 

 

女性用として「ロゲイン」という製品もあります。

 

 

ミノキシジルの発毛効果

日本皮膚科学会も「ミノキシジル」には高い発毛効果があるとして、「フィナステリド」と同様にAランクの評価をつけています。

 

 

科学的なお墨付きついていることになります。

 

 

では、なぜ「ミノキシジル」は効果があるのでしょうか?

 

 

ミノキシジルによる2つの作用

ミノキシジルが多毛に効果があるのは以下の2つの要因があるためなめです。

 

1 頭皮の血行をよくする。
2 アデノシンという成分を分泌させている。

 

アデノシンが分泌されると、毛髪をつくる毛乳頭細胞から血管内皮増殖因子(VEGF)や角化細胞増殖因子(KGF)などタンバク質の産生が促されることになります。

 

 

分泌される2つのタンパク質の働き
血管内皮増殖因子(vegf) 血管を新しく作ったり傷ついた血管を修復する働きがあり
角化細胞増殖因子(kgf) 毛母細胞を増殖させる働きがあるのです

 

 

頭皮には細い毛細血管が縦横無尽に張り巡らされて、毛母細胞に栄養や酸素を供給しています。

 


「ミノキシジル」によって血管を新しくつくり、ダメージを受けた血管を修復するため、髪の毛が生えやすい環境になってくるのです。

 

 

 

ミノキシジルは薬効成分を頭皮に直接塗布するので即効性があり、3カ月ほどで体感できるといわれています。

 

 

(もちろん、個人差はあります。)

 

 

ちなみにフィナステリドは一般的に6か月

フィナステリドは乱れたヘアサイクルを正常なものに戻し、頭皮をよりよい環境に整える作用があります。

 

 

AGAの治療に効果を発揮するのですがどうしても効果があらわれるまでは時間がかかります。

 

 

一般的に、髪の伸びる速さからすると6カ月は必要とされています。

 

 

ミノキシジルの内服薬

頭皮に塗るタイプの育毛剤は、とうしても頭皮への浸透にバラつきが出てしまいます。

 

 

ミノキシジルを丁寧にもみこすって塗っても、人間の皮膚には外からの物質を中に人れまいとするバリア作用があるため発毛成分が十分に吸収されないのが難点でした。

 

 

ミノキシジルを内服薬に配合したもの「ミノキシジルタブレット」(「ミノタブ」と略称されています)は、体内に直接発毛成分を入れることで十分に吸収され、高い効果が期待できるのです。

 

 

実際に、インターネット上などではその効果に驚嘆の声を上げる書き込みを多数見かけることができます。

 

 

ミノタブは、日本では認可されていない!

ミノタブは日本では認可されていませんので、医師の責任のもとで投与されたものを服用することしかできないのです。

 

 

アメリカをはじめとした海外では一般市販薬として、2・5mg、5mg、10mgのタブレット(錠剤)が市場に出回っていますので個人輸人で手に人れることはできます

 

 

しかし、元来は血圧降下薬ですので、副作用のことを考えておかなければなりません。

 

 

必ず信頼できる医師と相談の上で服用するようにしてくさい。

 

 

ミノキシジルの副作用は外用薬と内服薬で異なる!

ミノキシジルはAGAに悩む人には劇的な効果をもたらせてくれますが、「フィナステリド」と同じように副作用のことを考えておかなければなりません。

 

 

一般に外用薬よりも内服薬のほうが薬理効果が高いだけに、副作用もそれだけ強くなる傾向にあります。

 

 

外用薬の「ミノキシジル」では、患部である頭皮にしか塗らないために、副作用は局所的に限られます。

 

 

ところが「ミノタブ」では、体の中に直接、薬理成分をとり人れるため副作用も体全体に及ぶ恐れがあるのです。

 

 

ただし、用法や用量を守って正しく服用してさえいれば、それほど神経質に考える必要はありません。それだけに信頼できる医師からの処方が大切になります。

 

 

外服薬・内服薬の区分 副作用が出る恐れのある箇所
ミノキシジル(外用薬) 散布箇所のみ・局所的
ミノタブ(内服薬) 体全体

 

 

具体的にどんな副作用が出るの?

ミノキシジルを使うと以下のような副作用が起こりえます。

 

  • 血圧低下
  • 多毛
  • むくみ

 

血圧降下

「ミノタブ」を服用すると、血圧が下がることがあります。血圧の低下により頭痛やめまいなどが副作用として起こる恐れがあります。

 

 

多毛

「ミノタブ」では、その効果が全身に及びます。副作用として、頭以外の体の体毛が濃くなる恐れがあります。

 

 

むくみ

むくみも副作用の1つとしてあげられます。顔や足などにむくみが出る恐れがあります。

 

 

【詳細版】ミノキシジルの副作用は?

 

 
page top