優しいカラーリング

AGA対策にも大切!ヘアカラーのコツや頻度とは?

投稿日:

 

カラーをする場合の注意するポイント

カラーをする場合は、ホホオイル5に対してアルガンオイル2のオイルを使って頭皮を保護してから行います。

 

カラーが終わったら、頭皮に汗をかいてカラー剤の排泄を促進しましよう。岩盤浴や半身浴で頭皮に汗をかいて下さい

 

※100%を防ぐことはできないので、やらないのが一番ベストです。

 

カラーは薄毛の大きな原因の一つとも考えられます。
(特に女性が当てはまります。)

 

自分でカラーをする場合には、ホホバオイル5に対してアルガンオイル2を混ぜたオイルで頭皮を保護してからカラーをするのがおすすめです。

 

カラーが終わったら、髪の毛と頭皮に残留カラー剤をシャンプーでよく洗い流した後で半身浴をしながら頭をタオルで覆って頭皮に汗をかくようにして下さい。

 

残留カラーをとるのには時間がかかります。少なくとも3日間は続けましょう。

 

何度か汗をかくことで、毛穴内部に入り込んだカラー剤の排泄を促進します。汗はお湯で流します。

 

カラー剤は、手軽で誰でも簡単にきれいに染められるものがいちばんいけません。

簡単に 染まるのは、それだけ浸透カか強いということなのです。

 

美容院でカラーをする場合は、できればお店の人にホホバとアルガンのオイルで頭皮を保護してもらってからにして下さい

 

どうしてもお店の人に頼めない場合は、帰宅後に半身浴なとをしながら頭をタオルで覆って、たくさん頭皮に汗をかくようにして下さい。

岩盤浴などに行くのもよいでしよう。

カラー後3日は、取り除きをしましょう。

 

本来なら毛質や頭皮を考えてカラー剤を調合できる美容師さんがいればよいのですが、最近は減ってきているようです。

 

カラーをする時に頭皮を保護しているかどうかで大きく影響が違うので、美容院の方には、ぜひ頭皮の保護を確実にすることをお願いしたいものです。

 

美容師さんは育毛の専門家ではありません!

理美容師さんはおしゃれのプロであって、育毛の専門家ではありません。

 

多くの人は、理美容師さんなら育毛に関しては詳しいだろうと勘違いしています。

 

美容師さんの100%がそうではありませんが、育毛よりも、カットやカラーの技術、おしゃれのレベルを上げることに意識が向いている方が多いのです。

 

理美容師法を調べてみると、法律では理美容師の仕事には、育毛に関することは一切入っていないことが分かります。

 

特に女性に言えることですが、理美容院で受けたケアが原因となっているケースがけっこうあります。

  • 美容室でのヘッドスパで頭皮を傷めつけて皮膚が剥がれてしまっていうる
  • 美容師さんに シャンプーやトリートメントを頭部に付けたまま放置するように助言された

 

これら続けるうちに真っ赤でできものだらけの頭皮になってしまったということがあります。

 

理美容院では、毛穴掃除や頭皮を清潔にするために洗うことを推奨することなどは、当たり前に助言されるところが多いようです。

 

理美容師さんも世間一般の人と同様、育毛についてはあまり知らないのです。

 

強いていえば、お店に出入りしているディーラーやメーカーが開催する研修会で育毛のことを勉強して、 その方法や製品をお店に取り入れているくらいです。

 

理美容師さんは、皮膚から上に出ている角質である毛をきれいにカットしたり染めたりするプロということであ0て、育毛は専門外なのです。

 

育毛は、理美容師さんの業務範囲ではないということを理解しておく必要があります。

 

それを踏まえたうえで助言をしてもらうのはよいと思います。

-優しいカラーリング

Copyright© 【育毛剤はおすすめ?】市販の男性用育毛剤選びをハズさない方法 , 2018 All Rights Reserved.