キャピキシルとは?キャピキシルで育毛できる?

育毛成分のキャピキシル

 

育毛成分のキャピキシルについて網羅的に紹介しています。

 

キャピキシルとは?

 

キャピキシルはアセチルテトラペプチドー3アカツメクサ花エキスを合わせてできた成分です。

 

1 アセチルテトラペプチドー3 髪の毛の成長
2 アカツメクサ花エキス ダメージのケア

 

 

1.アセチルテトラペプチドー3

アセチルテトラペプチドー3は、カナダのルーカス・マイヤー・コスメティクス社が開発したこの成分です。

 

 

このアセチルテトラペプチドー3は髪の毛の成長を助ける効果が期待できます。

 

 

薄毛の対策には、自然と生えてくる髪の毛をしっかりと成長させることが大切です。

 

 

アセチルテトラペプチドは、初期の成長過程で効果が期待されている成分です。

 

 

(参考)アセチルテトラペプチド-3は色々なサイトでも紹介されています。

毛髪の初期成長過程においては、毛髪の根が生えるように、毛包幹細胞が作り出す毛包が深く長く伸びることが重要である。
アセチルテトラペプチド-3は、毛包の伸長に大きく関わるとされている成分である。
http://www.bihadan.jp/sub_page/seibun/acetyltetrapeptide_3.html

 

 

アセチルテトラペプチドー3のその他機能

アセチルテトラペプチドー3は、以下のトラブルを解消してくれます!

 

  • 紫外線、天候ストレス
  • 加齢トラブル
  • ストレス

 

 

2.アカツメクサ花エキス

アカツメクサクサ花エキスとは、ヨーロッパが原産のハーブです。

 

 

アカツメクサ花エキスにはビオカニンAというイソフラボン成分が含まれています。

 

 

脱毛要因に働きかけてくれる成分

アカツメクサ花エキスは、脱毛因子の活動を抑えてくれる成分(ビオカニンA)が含まれています。

 

特に男性型脱毛の大きな根本原因の活動を阻止してくれるのは頼もしいですね。

 

 

 

(参考)ビオカニンaは脱毛分子の抑制として注目されています!

脱毛要因dhtを作り出す「5αリダクターゼ」にはT型・U型があり、特にU型がより脱毛に影響を与えているとされている。
ビオカニンaは、T型だけでなくU型の活性力抑制に関わる成分として注目されている。
http://www.bihadan.jp/sub_page/seibun/biochanin_a.html

 

アカツメクサ花エキス その他の期待効果

アカツメクサ花エキスは以下の効果も期待されています!

 

  • 毛髪ダメージの原因に働きかけ
  • ヘアサイクルの正常化

 

 

キャピキシルの基本情報

 

成分名 キャピキシル(CAPIXYL)

 

原点
・Biochanin Aに富む赤いクローバー抽出物を有する生体模倣シグナルペプチド

 

INCI名
・ブチレングリコール(および)水(および)デキストラン(および)アセチルテトラペプチド-3(および)トリコリウム・フリーセンセ(クローバー)フラワーエキス

 

行動様式
・毛包幹細胞(HFSC)活性を維持する
・5-αレダクターゼ活性阻害を介してDHTを調節する
・ECMの更新とタンパク質合成のアンカリングを刺激する
・炎症促進性サイトカインを減少させる

 

プロパティ
・フルーラー、より厚く、より健康な髪とまつげを提供します
・頭皮の炎症を軽減する

 

投薬量
・0,5-5%

 

http://lucasmeyercosmetics.com/en/products/product.php?id=6&from=cat

 

キャピキシルは天然成分

キャピキシルはミノキシジルとは異なり、天然成分です。

 

 

副作用のリスクも低いです!

 

 

ミノキシジルの副作用が怖い、、という方はキャピキシル

 

ミノキシジルの危険性には以下の副作用があげられています。

 

  • 低血圧
  • 多汗症
  • ニキビ、肌荒れ
  • 性的不能、性欲減退

 

【ミノキシジルの副作用の詳細はこちら】

 

キャピキシルは副作用もなく女性にも安心して使ってもらえる成分です。

 

 

キャピキシルを多く含んだ育毛剤は?

the・スカルプ5.0です!

 

 
page top