【症状別】いまの状況に見合う対策

後頭部がかゆいとハゲる?|つむじやM字がかゆい(アレルギー)体質の人は要注意

投稿日:2018-06-08 更新日:

 

頭がかゆい・・薄毛に悩む人でアレルギー体質の人は多い

薄毛の悩みを持っている人の中の半数はアレルギー、アトピー症状がある人がいるともいわれています。

中でもいちばん多いのがアトピー体質の方(子供の頃アトピーだった人を含む) です。

 

その次に多いのが、ぜんそくを持っている人(小児せんそくを含む)です。

 

【具体的なアレルギーが見受けられる例】

1 ホコリアレルギー
2 動物アレルギー(大・猫)
3 食べ物アレルギー(海老・カニ)
4 金属アレルギー

 

アレルギー体質の方は頭皮を保護する力が低くなりがち

アレルギー体質の方は、総じて皮脂の分泌能力が弱いようです。

 

皮脂の分泌能力が低いために体の保護膜を作る力も弱いのです。

 

体を守る力が弱いのが、アレルギー体質の人の特徴なのです。

 

へアケア製品、カラーやパーマなどの習慣、育毛剤のような外的な刺激物にも負けやすい体質ということが言えます。

 

シャンプー・ヘアケア製品も注意

皮脂を取り除く作用の強い界面活性剤を使っているシャンプーだと頭皮を削ります。

 

頭皮をゴシゴシと頑張って洗ってしまうと、頭皮に残った成分が原因で皮膚(頭皮)を痛めやすくなります。

 

セットして髪の毛をきれいに見せるために作られているヘアケア製品は、頭皮に残留することで負担になると思って下さい。

 

 

外的刺激(季節の変わりめ、温度変化など)にも敏感

アレルギー体質の方は、季節の変わり目や急な温度変化など環境の変化にも敏感になりがちです。

敏感に反応してしまい、体調を崩したり、肌の状態が悪くなったりしてしまいます。

 

そのような状況が続くと、頭皮の保護膜も傷つき回復も遅れがちになります。

 

市販のシャンプー等で清潔にしすぎていませんか?

頭皮のとりすぎには注意!という話とも共通していますが、清潔にしすぎていたりはしませんか?

 

清潔にしすぎると、皮膚の保護層が弱くなり少しの刺激にも敏感に反応するようになるので注意が必要です。

 

近年の行き過ぎた健康志向

近年、行き過ぎた清潔志向のために、身の回りのホコリや雑菌に過剰に反応する人が多くなっています。

 

人間は皮膚常在菌と共生関係にあるので、殺菌効果の強い洗浄成分で体や手を洗っていると、さらに皮膚の弱い人が増えるそうです。

 

その結果、薄毛になりやすい人も増加するかもしれません。

-【症状別】いまの状況に見合う対策

Copyright© 【育毛剤はおすすめ?】市販の男性用育毛剤選びをハズさない方法 , 2018 All Rights Reserved.