食生活でもAGA改善

亜鉛たっぷり|自然界の育毛促進剤「牡蠣」

投稿日:2018-09-23 更新日:

雛子 先生
牡蠣亜鉛が豊富に含まれていて、育毛に効果的なんです^^ 

 

亜鉛は髪の成長期にいい働きかけ

抜け毛や薄毛は髪を増やす毛包という器官がうまく働かないために起こる老化症状です。

 

生え変わりの早い髪の成長には亜鉛とタンパク質が必要です。

 

亜鉛の3つの働き

雛子 先生
亜鉛は全ての細胞内に存在しています。

亜鉛の3つの働きを確認ましょう!

 

亜鉛の働き

1 タンパク質の合成(髪の生成に役立ち)
2 味蕾(みらい)の形成
3 生殖機能の正常な維持

 

ポイント

亜鉛が多く含まれる自然食

  • 牡蠣(牡蠣が最も多く含まれています!!)
  • 野菜

 

アルコールの摂りすぎはNG

亜鉛を摂るうえでの注意点としてはアルコールの摂りすぎです。

 

アルコールを摂りすぎることで亜鉛の排出量が増加し、亜鉛が不足すると貧血や味覚異常を引き起こします。

 

牡蠣2個で1日に必要な亜鉛が摂取できる

牡蠣は栄養価が高く海のミルクと呼ばれています。

 

乳白色で光沢のある肉厚なものがよく冬に旬を迎えます。

 

牡蠣は、髪の成長に必要なタンパク質と亜鉛が豊富で、特に貝類の中でも多く含まれています。

カルシウムや鉄も含まれていて低カロリーなのが特徴です。

 

食中毒には注意!

食中毒ウイルスのノロウイルスに注意をする必要があります。

 

生食用は、2日~3日間、滅菌洗浄を行っています。

 

加熱用は鮮度が良くても生食ができません。

 

ポイント

牡蠣の食べ方ポイント

  • 必ず鮮度がいいものを食べる。加熱用の生食は厳禁
  • 鍋やシチューでうまみたっぷりの煮汁を活かす。
  • 粉を振って想定にすれば身がふっくらジューシーになる。
  • ビタミンCと合わせて栄養素の吸収をアップさせる。

 

牡蠣と一緒に撮りたい食べ物

雛子 先生
牡蠣と一緒に食べておきたい食べ物を紹介します。
  • 春菊
  • じゃがいも
  • トマト
  • レモン(柑橘類)

 

春菊

春菊はビタミンやミネラルが豊富な冬の葉野菜です。

 

ベータカロテン、ビタミン C、カルシウム、鉄が豊富な冬の葉野菜です。

 

香り成分に胃腸の働きを良くし、咳を鎮める作用があります。

 

おすすめレシピ「牡蠣と春菊の味噌鍋」

  • だし汁に書とお酒を入れる。
  • ざく切りのえのき茸、ネギ、春菊をのせる。
  • 味噌、醤油などで味付けをする。

 

じゃがいも

ビタミンCが豊富なジャガイモには、牡蠣に含まれるタンパク質や亜鉛の吸収率を高める作用があります。

 

おすすめレシピ「牡蠣のチャウダー」

  • 小さく切った玉ねぎや人参を炒める。
  • 水を加えてじゃがいもを煮る。
  • 牡蠣を加えて、牛乳、シチューのルーを混ぜ、塩コショウで味を整える。

 

トマト

トマトは、βカロテン、ビタミンCが豊富です。

 

赤い色素リコピンは抗酸化作用が強く、紫外線の肌や髪を守る働きがあります。

 

おすすめレシピ「生牡蠣のフレッシュトマトソースのせ」

  • 刻んだ玉ねぎとトマトにオリーブオイル、塩、スパイス、ハーブなどを混ぜる。
  • 生牡蠣に乗せる。

※牡蠣は必ず生食用の新鮮なものを選ぶ。

 

レモン(柑橘類)

レモンなど柑橘類は「キレート作用」があります。

 

レモン等に含まれるクエン酸が亜鉛などミネラルを包み込んで吸収しやすくする作用です。

 

「キレート作用」で亜鉛摂取の効果がアップします。

 

おすすめレシピ「生牡蠣のレモン添え」

  • 生牡蠣にレモン汁をたっぷりかける。
  • 生牡蠣は必ず生食用の新鮮なものを選ぶ。
雛子 先生
個人的にはレモンをかけるのが手軽でやりやすいと思います^^

-食生活でもAGA改善

Copyright© 【育毛剤はおすすめ?】市販の男性用育毛剤選びをハズさない方法 , 2018 All Rights Reserved.