育毛剤の効果を出すための下準備

低体温ぎみだと薄毛になりやすい。

投稿日:2018-06-06 更新日:

低体温の人は全身の巡りが悪くなりがちです。一度薄毛になると、なかなか回復しません。

低体温になると・・


全身の血流が悪いと、毛母細胞に十分な栄養がいきわたらなります。

また、体温も低下した影響で酵素の働きも悪くなってしまいます。

結果として、中身の詰まった毛が作られなくなってしまいます。

全身の巡りをよくしましょう!


全身の巡りがいいと、毛母細胞の酵素の働きが活発になり、中身の詰まった毛が作られます。

ご自身の体温は上げるようにするように心がけるようにしましょう!

まずは、ご自身の生活習慣を見直していきましょう!

薄毛に悩む方は低体温ぎみ・・


あなた自身の平熱は何度ぐらいありますか?

昭和30年代(1955-1964年) の平均的な日本人の体温は、36.89度(ほぼ37度)だったそうです。

薄毛に悩む方の体温は7割程度の方が、36度台前半で36度5分を超える方はほとんどいないそうです。

ご自身の体温をチェックしましょう!


起床後・昼食前・夕食前の3回を目安に、一度ご自身の体温を計測してみて下さい。

起床後すぐは低めかもしれませんが、昼食前とタ食前は36度5分くらいは欲しいところです。

熱を作るのは筋肉なので、体温が低い人は、日々の生活の中で筋肉を使うことを心がけてください。

低血圧・貧血・生理不順の方の頭皮は白っぽい

頭は心臓よりも上にあるので、重力に反して上半身に血を巡らすことで脳に十分栄養が行き渡ります。

この力が弱いのが低血圧の人です。

また貧血とは、巡ってくる血液に含まれる酸素や栄養が少なく、脳が栄養不足になる症状です。

低血圧や貧血でみられる症状とは?

低血圧や貧血の方の頭皮を見ると、血の気のないような、真っ白な頭皮をしています。

頭皮だけでもなく、顔色も血の気のないような感じの人が見受けられます。

  • 真っ白な色をしている、
  • 顔色も決してよいとはいえない

低血圧や貧血の人は、血が余っていない(血に余裕がない)状態なので、髪の毛を十分に育てるための力が少ない傾向にあります。

毛は昔から血の余りもの(血余り)ともいわれており、血の巡りによって頭皮への栄養分が運ばれて、酵素の働きも活発となるのです。

女性の場合、生理不順が薄毛の原因となる場合もあります。

特に、女性の場合生理不順であれば、それは体に血が余っていない状態ということになります。

毛を育てる力も弱くなりがちです。

以下のようなことをしてしまってはいませんか?

  • 食事を抜きダイエット
  • 生理不順になってしまい、
  • 薄毛を解消するために、育毛剤で何とかしようとしている
髪の毛は、真っ先に犠牲になる・・

髪の毛は生きていくためには必ずしも必要ないので、最初に切り捨てられるのです。

ご自身の生理の状態を観察して下さい。

不順になった合は生活を見直しましよう。

以下の場合、脳(頭部)に十分な血流が巡っていない証拠です。

  • 朝起きるのがつらい
  • 立ちくらみをすることが多い

>>血の巡りが弱っている7つのサイン

-育毛剤の効果を出すための下準備

Copyright© 【育毛剤はおすすめ?】市販の男性用育毛剤選びをハズさない方法 , 2018 All Rights Reserved.